黒木華 大好きなシソンヌの楽屋訪ねたのに「霊」扱い

2017年10月01日 12時21分

お笑いコンビ「シソンヌ」のじろう(左)と長谷川忍(右)とともに発表会に出席した黒木華

女優の黒木華(27)、お笑いコンビ「シソンヌ」(長谷川忍=39、じろう=39)が1日、都内で行われた、ロッテ「シャルロッテ」新商品・新CM発表会に出席した。

 チョコレートブランド「シャルロッテ」の新商品は「どんなキモチにも、寄り添って。」がコンセプト。これにちなみ、MCから寄り添ってほしい瞬間を聞かれると、黒木は「お芝居がうまくいかない時」と明かした。

「うまくいかない時はたくさんあるんですよ。台本を読んでどうしようかと悩んだり…。そんな時は誰かに寄り添ってほしいです。おいしいものを食べるのが好きなので外に食べにいって気分を高めます」

 うまくいって頑張った時には自分にご褒美を買うとか。「最近買ったのはキラキラしたイヤリング。次は温泉旅行に行きたいですね」と語った。意外だったのは、腹が立った時だ。「ロックやパンクなどの重低音を、ご近所に迷惑にならない程度の大きい音量で聞きます」と、穏やかなイメージとは異なる答えだった。

 そんな、いろいろな工夫をしながら女優業に励むする黒木のためにシソンヌが登場。実は黒木はシソンヌの大ファンなのだ。

「ライブに行ったら面白くて。DVDも持っています。落ち込んだ時は見るんですよ」

 イベント前にシソンヌの楽屋を訪れた黒木だが、恥ずかしかったのかうつむいていたという。その姿について長谷川は「見てはいけないものを見てしまったと思いました。霊かと思いました」とイジって笑いを誘った。