“最速男”桐生祥秀 憧れのさんま番組出演「収録の40分、めちゃくちゃ短かった」

2017年09月30日 05時00分

「さんまのまんま」でさんまと共演した桐生

 100メートルで日本人初の9秒台となる9秒98を叩き出した陸上短距離の桐生祥秀(21=東洋大)がこのほど、お笑いタレント・明石家さんま(62)がMCを務めるトーク番組「さんまのまんま 秋のさんまもゲストも脂がノッてますSP」(10月9日午後9時、フジテレビ系)の収録に参加した。

「一番会いたかった人」と明かすほど、さんまの大ファンだという桐生。新幹線に乗る際はわざわざグリーン車に乗り、さんまとの出会いに期待していたそうで「奇跡で出会えたらいいなと思って」と話すと、さんまから「それは、狙い撃ちやないか!」とツッコまれた。

 桐生は昨年のリオ五輪陸上男子400メートルリレーで銀メダルを獲得したが、決勝前にさんまの出演番組を見てリラックスしたという。報道でそれを知ったさんまは、今でもその記事を大切に保管しているそうで「おかげで株が上がったわ!」とにんまり。さらにその番組が「さんまのまんま」だったことを知り、ただただ驚くばかりだった。

 約40分の収録後、桐生は「いや〜、めちゃくちゃ短かったです。練習の40分はあんなに長いのに」と笑顔。最初は緊張したものの、さんまのトークにすっかりほぐされたそうで「普通では、さんまさんに出会うこともあり得ないので、いい経験でしたし、むちゃくちゃ貴重でした!」と振り返った。