エリザベス・モス エミー賞受賞でトム・クルーズにフラれた過去判明

2017年09月30日 16時30分

トムに振られたモス(インスタグラムから=@elisabethmossofficial)

 米人気俳優トム・クルーズ(55)が、エミー賞主演女優賞を受賞した米人気女優エリザベス・モス(35)のデートの申し込みを断っていたという。米芸能サイト「レーダーオンライン」が報じた。

 モスは1960年代のシカゴに実在した妊娠中絶団体をめぐる実話を題材にしたドラマ「ザ・ハンドメイズ・テイル」(原題)のヒロイン役で、17日(米国時間)に発表された「第69回エミー賞」のドラマシリーズ部門で主演女優賞に輝き、注目を集めた。そうした中、モスがトムにフラれたホロ苦い過去が明らかになったという。

 2011年に俳優フレッド・アーミセン(50)との2年間の結婚生活にピリオドを打ち、離婚したモスは翌12年、同じサイエントロジーの信者のトムに思いを寄せ、デートする機会をうかがっていたという。トムは12年に女優のケイティ・ホームズ(38)と離婚して独身。しかも2人は当時、仕事でロンドンに滞在することが多かった。そこで、モスはトムにデートを申し込んだというわけだ。

 ところが、関係者によると「ハリウッドのトップスターとして君臨するトムに比べ、モスは女優としては格下だった。そんなこともあり、トムは全く興味を示さなかった」とか。あえなくフラれてしまったモスは、しばらく落ち込んでいたという。

 そうした苦い経験を乗り越えてエミー賞主演女優賞の〝栄誉〟を手にしたモス。今度こそトムのハートを射止められるのではと周囲は注目したが、モスの気持ちはすっかり変わっていたという。

「交際相手はトムのような成功した男性でなくていいと考えているようだ」(前出の関係者)

 エミー賞女優が新恋人にどんな男性を選ぶのか注目される。