“2000年に1人の美少女”滝口ひかりが芸能界引退?「辞めるかは考え中」

2017年09月29日 15時24分

芸能界引退を検討中と語った滝口ひかり

「2000年に1人の美少女」と称され、アイドルグループ「drop」のメンバーでもある滝口ひかり(23)が29日、横浜市で行われた「DMM GAMES×レベルファイブ」記者発表で、芸能界引退を検討中と語る場面があった。

 滝口は11月11日にグループを脱退予定。その後の活動を聞かれ、妹で新進アイドルの滝口きらら(17)の「支えになるようにバックアップしていきたい」と意味深に語った。バックアップ=裏方で、つまりは表舞台での活動から退くとなる。報道陣にその点を指摘されると「芸能界を辞めるかは考え中」と話した。

 今月20日の誕生日で23歳になったことに「ここからが勝負」とも語っており、23歳の1年間が本人にとって転機の年になるかもしれない。

 一方、記者発表に登場した「サンドウィッチマン」伊達みきお(43)は「血圧が200を超えた」と高血圧であることをサラリと告白。芸人よろしくネタにして笑い飛ばしたが、命の危険性が問われる数値であるのも事実で「(医者から)今、目の前で死んでもおかしくない」と警告されたという。「降圧剤を飲んでいる」と対策はしているようだ。

 記者発表では、ゲーム会社DMM GAMESとレベルファイブがタッグを組んだ新作シミュレーションRPG「装甲娘」が今年冬にリリースされることが明かされた。