水卜アナ最後の「ヒルナンデス!」で有吉に号泣禁止令

2017年09月29日 13時25分

有吉弘行

 日本テレビの水卜麻美アナウンサー(30)が29日、アシスタントを務める平日昼の情報番組「ヒルナンデス!」の最終出演に臨んだ。水卜アナは2011年3月の初回から出演してきた同番組を今月で卒業し、10月から平日朝の情報番組「スッキリ」(現在は「スッキリ!!」)に出演することが発表されていた。

 放送の冒頭でMCの南原清隆(52)が「今日は2時間、水卜アナ卒業スペシャルです」と告げると、水卜アナは恐縮しきりに「ありがとうございます。ごめんなさい、お付き合いください。申し訳ありません」と頭を下げた。

「もうずっとドキドキしています」と話す水卜アナを脇に、南原は「顔もちょっとね、やせて。ちょっとメークに力入れました」。これに水卜アナも「ゴリゴリに」と付け加えた。

 金曜レギュラーの有吉弘行(43)とともに11年4月の金曜初回から担当してきた「超限定マーケティング」の過去映像が放送されると、出演者たちに注目されたのは有吉だった。「有吉さんも若かった」と水卜アナが言うと、有吉は「いやあ、水卜さんの若さより僕の若さの方が(共演者たちは)気になっていて」。周囲からも「そっちばっかり気になった」と声が飛んだ。

 とはいえ主役は水卜アナだけに、有吉に「邪魔をすな」の声も。それでも「十分有吉も堪能していただけたかと…」と続ける有吉に「あなたの日じゃないから」とクギが刺された。

 ついには南原も指を向けて「有吉、泣くなよ。有吉が泣くとヤフートップニュースになるから。むちゃくちゃになっちゃうから」とけん制。なおも「いろんなことを思い出す」と胸に手を当てながら繰り返す有吉に「やめろ!」とダメ出しが突きつけられた。