菊川怜「とくダネ!」号泣卒業 2012年7月からMC5年3か月

2017年09月29日 12時00分

菊川怜

 フジテレビ系朝の情報番組「とくダネ!」のMCを5年あまり務めてきた女優菊川怜(39)が29日、同番組の最終出演に臨んだ。

 菊川は白いブラウスに黒系統のスカート姿。卒業は先月に発表されており、ついに訪れた最後の日、メーンMCの小倉智昭(70)に「怜ちゃん、今日は放送が始まる前から涙が止まらなくて、残り20分になりました」と語りかけるように言われると、涙を抑えるように手で顔を押さえた。

 冒頭では卒業に関するコメントはなかったが、28日の放送で小倉が「怜ちゃんは明日、絶対に泣くよ」と予想していたように、目を潤ませて番組を進行。2012年7月の初出演からの5年3か月が「短かったでしょう?」と小倉に問われると泣き顔で、言葉をとぎらせながら「短いような、長いような気も両方するんですけど、やめるに当たって初めて分かったんですが、こんなにとくダネ!が大好きで、みなさんが大好きで、やめて初めて分かることであったなあって」。最後は出演者やスタッフらに囲まれ、花束を贈られた。