甘いマスクと優しい歌声が魅力の蒼一心 夢は紅白出場

2017年09月27日 16時46分

蒼一心

 歌謡界注目のイケメン歌手・蒼一心(あおい・いっしん=35)が27日、都内で2枚目のシングル「たそがれ」の発売記念イベントを行った。

 甘いマスクと優しい歌声に加え、スタイリッシュな容姿で女性ファンを増やす蒼。8月の事務所移籍に伴い、芸名を「一心」から心機一転「蒼一心」と改名した。

「芸能界を一番最初に意識したのは中学生の時。顔がジャニーズ系と言われるようになったんですよね。テレビを見るようになって、美空ひばりさんの特番を見て歌手を目指そうと思いました」

 新曲「たそがれ」は、作詞をテレサ・テンさんの「時の流れに身をまかせ」「つぐない」などで知られる作詞家・荒木とよひさ氏(74)、作曲をキャンディーズの「春一番」などで知られる作曲家・穂口雄右氏(69)が担当。蒼は「最初にデモテープを聞いた時は『え!? 洋楽?』と思ったぐらい。オシャレな感じで、僕の青の衣装にもピッタリな曲を頂いた」と感謝を口にした。

 今後については「多くのメディアに出られるようになって、やっぱり年末の歌の…生放送番組に出てみたいです」と紅白出場を夢に掲げた。