映画監督の大島渚さんが肺炎のため死去

2013年01月15日 19時51分

「愛のコリーダ」「戦場のメリークリスマス」などの代表作で知られる映画監督の大島渚さんが15日午後3時25分、肺炎のため神奈川県藤沢市の病院で死去した。80歳だった。京都市出身。

 大島渚プロダクションが発表した。

 大島さんは1954年に京大卒業後、松竹に入社。59年に「愛と希望の街」で映画監督デビューを果たす。
 
 61年に安保闘争をテーマにした「日本の夜の霧」を、松竹が公開中止にしたことに怒って退社。妻で女優の小山明子らとともに製作会社「創造社」を設立した。

  76年の「愛のコリーダ」、78年の「愛の亡霊」で国際的な評価を確立すると、83年の「戦場のメリークリスマス」で大きな話題を呼ぶ。
 
 テレビ出演も多く、80年代後半からテレビ朝日系「朝まで生テレビ」にレギュラー出演するなど、コメンテーターとしても活躍した。
 
 96年に脳出血で倒れたが、懸命のリハビリをこなし見事に復活。99年12月には主演ビートたけし、松田龍平らを共演させ新選組を描いた映画「御法度」を公開したが、これが遺作となった。
 
 その後は表舞台にほとんど姿を見せず、療養生活が続いていた。