吉木りさ チェ・ゲバラといえば「Tシャツのイメージ」

2017年09月26日 21時00分

渡部陽一(左)と吉木りさ

 タレントの吉木りさ(30)と戦場カメラマンの渡部陽一(45)が26日、都内で行われた映画「エルネスト」(10月6日公開)の公開直前イベントに出席した。

「エルネスト」は革命家のチェ・ゲバラに共感し、ボリビアの軍事政権と戦った日系戦士のフレディ前村ウルタードの生涯を描いている。

 イベント前に映画を見たという渡部は「ゲバラはその歴史よりファッションのイメージが強いかもしれませんが、映画を見ると言葉を正確に伝える詩人としての力を感じる」と評価。吉木は「チェ・ゲバラさんといえば、Tシャツのイメージ。作品はドキュメンタリーみたいで、ゲバラとオダギリさん(=フレディ前村ウルタード)との深い絆を感じた」という。

 ゲバラといえば、医者であり写真家でもあったことで有名だが、渡部は「ゲバラの写真は露出を落として影の美しさを際立たせているのが特徴。一撮入魂、こんな思いが写真の一枚一枚から伝わってくる」と、カメラマン目線での印象を語った。

 また、戦場カメラマンとして駆け出しのころからゲバラのヒゲに憧れていたと告白すると、吉木は「眉毛とヒゲがそっくり。ベレー帽に星がついてたら完璧ですね!」と話して笑いを誘った。