高橋みなみ号泣 ソロ活動をライブハウスから開始した思い

2017年09月27日 11時00分

ファイナル公演を行った高橋みなみ

 元AKB48で歌手の高橋みなみ(26)が25日、東京・赤坂BLITZ(ブリッツ)で自身初の全国ツアー「高橋みなみ2017 ライブハウスツアー~たかみなについて行きますreborn~」ファイナル公演を開催。26日発売の約4年5か月ぶりとなる2ndシングル「孤独は傷つかない」など全16曲を熱唱した。

 この会場は「第1回AKB選抜総選挙」が開催された思い出の場所。高橋は「ライブでまたここに来れてうれしい」と感慨深げに語った。

 公演中は楽しそうな表情を見せていたが、ラスト曲「いつか」を歌唱中に突然号泣。高橋は「卒業してからいろんな活動をしてきたけど、やっぱりやりたかったのはこうして歌うことでした。でも、実力が足りないこともまだまだたくさんあって、無力に感じることも正直あります」。

 AKB在籍中はメンバーをまとめる総監督という重責を担っていた。高橋は「みんなに背中を見せないといけないので、何でもできる自分を演出していた。でも1人になってできないことも正直たくさんあって、できないって言うのが恥ずかしくて…。でも、そんなプライドは捨てないと進めない」と冷静に話した。

 音楽関係者は「AKB48としては5大ドームツアーを成功させたが、『グループとソロは別』と考えている高橋は、ソロとしての一歩目はライブハウスから始めることを望んだ。ネット上などでは、AKB時代とのライブ規模の違いをやゆする声はあるが、AKBも秋葉原の小さな劇場が原点だった。ソロとしても徐々に成長していこうという思いの表れでしょう」と指摘する。

 現状を冷静に見つめる高橋だけに、今後も着実にステップアップしていきそうだ。