梅沢富美男“不倫”斉藤由貴をメッタ斬り「気持ちいい思いばかりして…」

2017年09月26日 14時12分

毒を吐きまくった梅沢(右)

 舞台俳優の梅沢富美男(66)が26日、都内で行われた「阪九フェリー新アンバサダー就任発表イベント」に出席した。

 梅沢にとって実に32年ぶりのCM出演。イベントでは、梅沢が電車内で、マナーの悪い乗客にブチ切れ、レストランや露天風呂、広い客室を備えたフェリーでの快適で自由な旅をアピールする新CMが披露された。

 オファーがあった時のことを梅沢は「阪九フェリーの社長から直接話があった。阪九さんが火付け役になって、今年に入って3本CMが決まった。今、売れに売れている梅沢さんを使うのは根性あるよ」とCM起用の決断に感謝した。

 フェリーには露天風呂も完備されており「不倫するならお船よ。露天風呂で海を眺めて、一線越えるのいいじゃない。これから芸能人のデートコースはフェリー」と芸能界の不倫騒動をネタにして快適さをアピール。それから女優・斉藤由貴(51)と男性医師の不倫に触れ「一線を越えてないって言うけど、パンツかぶってヤッてねーのか! パンツ脱いだからかぶったんだろう!」と斉藤をブッタ斬った。

 またCM内で行儀が悪い乗客にキレるシーンを演じた梅沢は、実際の仕事の移動時間にも同じような経験があったという。「悪いときはちゃんと言う。不倫してるやつは気持ちいい思いばかりして、痛い思いしないと分からない」と毒を吐いた。

 不倫報道後の謝罪会見を「昔は会見がうまい芸能人がいたのに。(報道が出たら)すぐ認めて謝罪したらいいの。テレビや週刊誌は、第2弾、第3弾と、いろんな情報持ってるんだからさ」と分析。「斉藤由貴が(不倫を)否認したのを見た週刊誌のデスクは『やった!』って思ったんだろうね」と語った。

 そんな梅沢だが、フェリー内で使用されているベッドがステージ上に用意されると「ちょっとこっちに座れよ」と美人MCを口説こうと必死だった。