ミッツ&ピーター「ファンからネットで叩かれそう」と言いつつも安室共演を熱望

2017年09月25日 21時19分

ミッツ・マングローブ(右)とピーター

 安室の登場も? 女装家のミッツ・マングローブ(42)、タレントのピーター(池畑慎之介☆=65)が25日、都内でBSジャパンの新番組「ピーター&ミッツの煮るなり焼くなり」(10月6日スタート、金曜午後11時30分)の収録を行い、来年引退する歌手・安室奈美恵(40)のゲスト出演を熱望した。

 芸能界屈指の料理上手で、ホームパーティーの達人として知られるピーターが“別宅”で手料理を用意し、ゲストとともに囲むトークバラエティー。100人規模のパーティーを楽々とこなすピーターだけに、短時間で数品の料理を作るのもお手の物だ。

 パーティーには芸人から女優まで幅広い人たちが勢揃いする。ピーターは「私は根っからの裏方志向で、尽くす星に生まれた。調理場に立ってお客さまの反応を聞いて喜ぶタイプ。番組が続くかは視聴率によるが、10年続くくらいの人脈は持っている。人脈はお金に換えられない大事なもの」と胸を張る。

 ところで今、もっとも高視聴率を期待できる芸能人といえば、1年後に引退することを発表した安室だろう。残念ながらピーターのホームパーティー人脈の範囲外ではあるが「以前、東急ハンズで『どうも』とあいさつされたことはある。芸能人同士ではよくあること」という。

 ミッツも「代官山で見かけたことがある。あれ、テレビで見て知ってる人だけど誰だっけと会釈したら、向こうもエッという感じで会釈してくれた」と安室との遭遇体験があるようだ。

 アットホームで温かい対談番組だけに、オファーすれば受けてくれそうな気もするが、歌好きのミッツは「この期に及んで安室ちゃん。でも、プロデューサーのところで止まるでしょ。ファンからは『100年早い』とネットで叩かれそう」と心配しつつも、歌姫の出演を熱望した。