ミッツ・マングローブ ピーターとの共演に「私たちの憧れ」「夢見たい」

2017年09月25日 20時42分

ピーター(左)とミッツ・マングローブ

 女装家のミッツ・マングローブ(42)、タレントのピーター(池畑慎之介☆=65)が25日、都内でBSジャパンの新番組「ピーター&ミッツの煮るなり焼くなり」(10月6日スタート、金曜午後11時30分)の収録を行った。

 芸能界屈指の料理上手で、ホームパーティーの達人として知られるピーターが“別宅”で手料理を用意し、ゲストとともに囲むトークバラエティー。すでに泉谷しげる(69)、小島瑠璃子(23)がゲストとして訪れており、今後は新婚の阿川佐和子(63)を招く予定だ。

 2人は8年前に知り合った。「高輪会(ピーターのホームパーティー)に来てくれて幹事をやってくれていた。プライベートを知っているので家族みたいな存在」とピーター。「彼の優しさと頭の良さを機軸に、私の料理がサポートする。ズバズバ言っちゃうので、どこまでオンエアできるかわからない」と暴走気味の番組が期待される。

 対するミッツは「ピーターさんは私たちのレジェンド。憧れ。8年前のことを考えると、ピーターさんと共演して、好き勝手言わせてもらえるなんて夢みたい」と持ち上げたと思いきや「最近、若干そのへんのありがたさがまひしているの。お互い寂しいので、亡くなったらハワイに散骨してくれと頼まれているが、私は相模湾にまいてごまかそうと思っている」と笑わせた。

 ピーターも負けていない。「ミッツは私の子供といってもおかしくない年齢差。でも、私が40代の時はあんなに老けていなかった。なるべく、財産を残さないように、使いきろうと思っている」と“口撃”。ミッツは「私は若いころから芸能界で活躍していたわけではない。遅咲きなので、十分“フレッシュ”だと思っている」と言い返し“二丁目トーク”は大いに盛り上がった。