中国政府も動き出した!?チャイナUFO事情が今アツい!

2017年09月25日 10時30分

 中国では、2000年代に入って各地からUFO目撃証言が殺到しており、その証言者は数千人を越えるとも推測されている。なお中国語でUFOは、そのまま「UFO」と表現するか、或いは「不明行物」と呼称するのが一般的である。

 そもそも、UFOが中国で初めて撮影されたのは共産革命直前の1949年であり、その奇妙な写真はUFO愛好家の間で有名である。その後、UFO研究は一度すたれるが、1970年代後半から、再び火がつき、1981年にはUFO雑誌が創刊された。ちなみにこのUFO雑誌、中国では科学コーナーにおかれており、テレビニュースでも普通にUFO目撃談がとり上げられている。

 さらに昨年末にはUFOの爆発騒ぎが勃発した。「新浪網」の配信によると、中国では11月23日に蘭州市で、12月3日に武威市で空を横切る発光体が目撃されていた。その同一個体であろうか、2004年12月11日にはUFOの大爆発事件が起こった。

 ChinaTimesによると、甘粛省蘭州郊外の上空で、光る飛行体が大爆発をおこし、大勢の市民が真昼のようになった事件現場を体験した。一部の目撃者はUFOが爆発・墜落したと証言しているが、まるでそれを打ち消すかのように、中国政府は隕石が落下したとコメントしている。これは中国政府のオカルトに対する警戒心を表しており、気功集団・法輪功にてこずった過去に起因しているらしい。またマオカ返還の祝福にUFOが飛来したと騒ぐ者もでる始末で、UFOと政治的勢力の結びつきに警戒を強めている。

 このようにUFO問題に警戒的・懐疑的な中国政府であるが、“地球外生命体を調査する機関”を正式に設置するうえ北京市・中国気象局の敷地内にある「北京UFO協会」も体制強化に乗り出すようだ。また北京にあるUFO研究協会は、会員数4万人を有し、多くの著名人・知識人が加盟しており、今後の研究成果が期待できる。

 もはや、中国におけるUFO研究は、国家の機密活動である。

【関連動画】2012 UFO Sightings In China – Hundreds Of Witness!
https://youtu.be/y7RQ7FZZJV8

 

(提供=ミステリーニュースステーションATLAS

 

関連タグ: