小室哲哉が帰国 安室への楽曲提供に意欲「機会があればうれしい。ぜひ!」

2017年09月22日 19時48分

帰国した小室は安室への思いを語った

 音楽プロデューサー・小室哲哉(58)が22日、渡航先のイタリアから羽田空港に帰国し、20日に来年9月の引退を電撃表明した歌手・安室奈美恵(40)への心境を語った。

 安室とタッグを組み、数多くの大ヒット曲を生み出した小室は「引退については考えられなくもない。ちょっと寂しいな。引退はありかな、というか、考えられなくもない」と答えた。

 引退まであと1年。楽曲提供の可能性を聞かれると「そういう機会があったらうれしいですけど…はい、ぜひ!」と意欲を見せた。

 また、「安室はどういった存在だったか」を聞かれると「始まりからこういう卒業みたいな、全てを見られることは初めてなので、感慨深いものがあります。頑張ってほしいです」としみじみ話した。

 最後に「安室へ声をかけるとしたら」と尋ねられると「すごく楽しんで1年を過ごしてほしいな」と安室の残りの歌手人生に思いを寄せた。