【東京ゲームショウ】あやまんJAPANが制服姿で“仰天”サービス

2017年09月21日 22時25分

あやまんJAPANの絶倫・乳輪・かおりん

 ゲームの祭典「東京ゲームショウ2017」が21日、千葉・幕張メッセで華々しく開幕した。「e—sports」の隆盛で活況を呈す業界事情を反映し、会場にはキレイどころのコンパニオンが勢揃い。本サイトが厳選10組を公開する!

 竹本ちえ(24=「KONAMI ラブプラス EVERY」ブース)、神崎美羽(年齢非公表=「kongzhong」ブース)、辻井美香(年齢非公表=「kLabGames」ブース)らスーパーGTの一流レースクイーンをはじめ、今年は中国出身モデル・神美(23=同ブース)、さらにはグラドル・葉月あや(26=「SEGA 龍が如く極2」ブース)ら個性派も参戦した。

 中でも目を引いたのは、懐かしの一発屋エンターテインメント集団「あやまんJAPAN」メンバーが出演する「インティ・クリエイツ」ブースだ。

 美少女シューティングゲーム「ぎゃる☆がん2」をPRすべく、一軍メンバーのサムギョプサル和田(30)、さらにはビジュアル担当の「あやまんJAPANユース」絶倫・乳輪・かおりん(28)らが、ゲーム中と同じ女子校生の制服コスプレで、仰天の“大サービス”を繰り広げる。

 同ゲームでは時折、パンチラが拝めるという。ステージ上の彼女たちを、来場者が下からうちわであおぎまくると、ゲーム同様にうっかり生パンチラに遭遇できる可能性もゼロではない。かおりんは「会場で特製うちわをプレゼントするから、私たちに会いに来てね」と呼びかけた。

 イベントは22日がビジネスデー、23〜24日に一般公開を行い、来場者25万人を見込む。