米人気インスタグラマー・アレクシス デーブのギャグに絶妙ツッコミ

2017年09月21日 13時16分

アレクシス・レン(左)とデーブ・スペクター

 テレビプロデューサーのデーブ・スペクター氏(年齢非公表)、読者モデルのぺこ(22)、りゅうちぇる(21)夫妻が21日、千葉・幕張メッセで開催中の「東京ゲームショウ2017」で行われたスマホゲーム「ファイナルファンタジー15:新たなる王国」新テレビCM発表会に出席した。

 イベントには、CMに出演した米人気インスタグラマーのアレクシス・レン(20)も登場。「14歳のころ、日本に住んでモデルの仕事をしていたことがある。6年ぶりなので、ずいぶん変わったように感じる。のちほど、なじみのある場所に行ってみたい。原宿や渋谷でインスタ用の写真を撮りたい」と笑みを浮かべた。

 続けて「CM撮影は行ったことがないような美しいお城で、とても楽しかった。ただ、想像の世界での演技は難しかった。皆さんもダウンロードして楽しんでほしい。CMミテネ!」と呼びかけた。

 アレクシスはスマホゲーム「ゲーム・オブ・ウォー」のCMに、歌手のマライア・キャリー(47)、俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー(70)とともに抜てきされた。インスタグラムのフォロワー数は1000万人を超え、若者に支持されている。

 デーブは「あのキャメロン・ディアス(45)も、10代のころに日本で半年間仕事していた。アレクシスも次は映画に出て、いずれイギリスのヘンリー王子と付き合うパターンじゃないかな。それにしても、彼女は英語がうまいから参っちゃう。僕は外国人が苦手で」とギャグを交えて絶賛。アレクシスはすかさず「シカゴ出身でしょ」と突っ込み、デーブは「バレちゃったか」と苦笑した。

 また、アレクシスは10日に挙式したばかりのぺこ・りゅうちぇる夫妻を「カワイイ!」とベタボメしたが、りゅうちぇるは「隣に並びたくない。足の長さを比べられちゃうので」と恥ずかしがった。

 その後、アレクシスらは木づちを持って鏡開きを行った。りゅうちぇるは持ちギャグ「建築関係トントントン」をアレンジし「新たなる王国 トントントン」と掛け声をかけた。

関連タグ: