安室奈美恵 電撃引退の「不可解」追跡 再婚説・心身ともに疲弊説

2017年09月22日 11時00分

安室奈美恵

 あまりに突然! しかもなぜ1年前の発表!? 歌手の安室奈美恵(40)が40歳の誕生日を迎えた20日、突如として来年9月16日での引退を発表した。同日はデビュー日に当たる。安室はいったいなぜ引退という道を選択したのか? その後に復帰する可能性はあるのか、ないのか? 多くのファンが驚き、また不思議に思うに違いない、あまりにも早すぎる引退発表のウラ側を徹底追跡した。

 20日午後7時前、突如として安室のオフィシャルホームページ(HP)に「ファンの皆様へ」というタイトルの記事がアップされた。

 そこには「今日は、私が長年心に思い、この25周年という節目の年に決意した事を書きたいと思います。『わたくし安室奈美恵は、2018年9月16日をもって引退することを決意致しましたので、この場を借りてファンの皆様にご報告させていただきます。』引退までのこの1年アルバムやコンサート、最後にできる限りの事を精一杯し、有意義な1年にしていきたいと思ってます。」とつづられていた。NHKをはじめ全てのテレビ局がニュース速報を流したため、日本中に大きな衝撃が走った。

 1992年9月16日にデビューした安室は、デビュー25周年となる今年の同日に、地元・沖縄で凱旋ライブをしたばかりだった。オフィシャルHPには「25周年記念特設サイト」も立ち上がり、引退の予兆などカケラもみられなかったが、40歳の誕生日に、まさかまさかの電撃発表だ。

 今後は11月8日にベストアルバムをリリース。ライブツアーに関しては日本、アジアを含めて調整中だという。

 昨年リリースしたシングル「Hero」がNHKのリオ五輪テーマソングに選ばれ、ライブをすれば常に満員。まさにトップ中のトップ歌姫の、突然の引退に首をかしげる関係者も多かった。引退を選んだ理由としてまず飛び出したのが、再婚説だ。

「安室はかねて業界関係者X氏との関係が噂されてきた。今年春ごろにはX氏との再婚説が駆け巡ったほど。引退発表して、またもや再婚という説が一気に流れた」と音楽関係者。

 だが、再婚説は実現の日を迎えないまま立ち消えとなるだろう。

「X氏はそもそも既婚者で離婚する予定もない。そんな状況で、とても再婚なんてありえない。そもそも安室と男女の関係であることも一貫して否定している」と前出関係者は話している。

 一方で、ある芸能プロ関係者は「昨年8月から今年5月にかけて40都市100公演ものツアーを敢行。安室のライブはMCなしで歌とダンスで見せるだけあって、かなり疲労していた。数年前に事務所移籍騒動が起こり、周囲が騒がしくなったことで精神的にも疲弊していたし、年々ライブが体力的に厳しくなってきていたのも事実。またデビュー25周年には地元・沖縄で凱旋ライブもできて“やり切った感”もあった」。

 まだまだアラフォーには見えない若々しさで、ダンスパフォーマンスを見せていた安室だが、そのウラ側では心身ともに相当疲れていたというのだ。

 引退コメントにも書いてある通り、安室は以前から、そう遠くないうちにひとまず芸能界から身を引くことを考えており「すべてのタイミングが合致して、この日の発表となった。また来年には長男も20歳の誕生日を迎える。安室にとって公私ともに区切りの年ということになるだろう」(前出関係者)。

 昨年12月には「女性セブン」が“京都移住”をスッパ抜いた。安室が平安神宮に近い“億ション”を自身の住まい用に2億円でキャッシュ購入したというもので、ワンフロア全体を専有する広さで150平方メートルの4LDKだという。

 1年後には表舞台から姿を消す安室だが、その先が全く分からない。

「体力的に厳しくなったとはいえ、まだまだライブはできる。実際に喉に変調をきたしたわけでもないし、病気になったわけでもない。歌う意欲さえ戻ればいつでも歌手としてステージに立てる。なので今回の引退発表を休養宣言と捉える関係者も多い。仮に数年後に復帰するにしても、それをサポートする“土壌”はちゃんと整っており、いつでも戻れる状況だ」と意外な話をするのはレコード会社関係者。

 引退表明当日にもかかわらず、早くも各所から復帰説が飛び出す奇妙な事態となっている。

【安室奈美恵の歩み】

 1977年9月20日 沖縄県に生まれる
 92年 女性5人のアイドルグループ「スーパーモンキーズ」の一員としてデビュー
 95年 ソロに。小室哲哉プロデュースで「Chase the Chance」などがヒット。NHK紅白歌合戦に初出場
 96年 アルバム「SWEET 19 BLUES」が300万枚突破。「Don’t wanna cry」が日本レコード大賞。このころ、安室をファッションリーダーとして容姿をマネた女性「アムラー」が流行した
 97年 TRFのSAMと結婚。「CAN YOU CELEBRATE?」が日本レコード大賞
 98年 約1年の休業。男児を出産
 2000年「NEVER END」が沖縄サミットのイメージソングに
 02年 SAMと離婚
 08年 アルバム「BEST FICTION」が大ヒット
 16年「Hero」がリオデジャネイロ五輪・パラリンピックのNHKのテーマソングに
 17年 シングル「Just You and I」がオリコンで歴代1位タイの「23年連続シングルTOP10」を達成