尾上松也“スイーツ男子”の野望激白「地位固めてどこかのCMに出たい」

2017年09月20日 13時44分

公開アフレコを行った尾上松也

“歌舞伎界のプリンス”こと尾上松也(32)が20日、都内で人気アニメ映画「映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!」(10月28日公開)の公開アフレコを行った。

 歌舞伎俳優がプリキュア作品の声優を務めるのは初めてだ。根っからの“スイーツ男子”で知られる松也は、パティシエの衣装に身を包み、やや硬い表情で登場。「トレビア〜ン!」とオシャレなセリフを連呼しつつ、衣装については「帰りたい。恥ずかしさしかない」と苦笑した。

「『スイーツは食事とは別腹』と言うが、僕もまさにそう。食事とは別次元に連れて行ってくれる。目をつぶって味をかみしめながら食べると、すべてを解放して、天国に連れて行ってくれる」と語った松也は「だんだんとスイーツ男子のイメージが付いてきたので、スイーツ界での地位を固めていきたい。お客さまの差し入れが増えて、足を使わずにいろんな味が楽しめる。ゆくゆくはスイーツを手がけているどこかのCMに出たい」とソロバンをはじいた。

 そんな松也はスイーツ好きが高じて、一時期はスイーツ作りにハマっていたとか。

「男友達が作ってくれたチョコケーキがあまりにまずくて、こんなのなら俺の方がうまいぞと作り始めた。あの味がいまだに忘れられない。彼はチョコの溶かし方すら知らず、チョコをお湯でじかに溶かしていた」と明かした。

 それにしても、さすがに人気絶頂だった元AKB48で女優の前田敦子(26)を夢中にさせた色男だ。時に笑いを交えながら熱っぽくスイーツ談義を繰り広げると、共演したキュアホイップ、キュアパルフェの表情もうっとり…しているように見えた。