フィフィ 豊田真由子議員をバッサリ「人間の尊厳を超えてしまった議員」

2017年09月18日 14時59分

フィフィ

 タレントのフィフィ(41)が18日、フジテレビ系「バイキング」に出演。元秘書への暴言・暴行問題の渦中にある豊田真由子衆院議員(42)を「人間の尊厳を超えてしまった議員」と表現した。

 番組では豊田議員の暴言・暴行問題について特集。17日に同局で放送された「Mr.サンデー」で騒動後初めてテレビ出演した豊田氏の涙の謝罪や釈明を紹介した。

 これに元宮崎県知事の東国原英夫氏(60)は「記者会見を開くべきだと思った。意外に元気そうで、記者会見に耐えられるんじゃないかな。心神耗弱だったのかもしれませんが、多重人格的な二面性を感じました」とコメントした。

 続けて意見を求められたフィフィは「不倫会見と同じで、なんかすっとぼけてんなって思った。『テングになっていた』とか言ってもらった方が、人間的だなって思う。あそこまで言い慣れた言葉で言ってるっていうのは…」とあきれ顔で語った。

 さらにフィフィは豊田氏の「こんだけのミスしたら私だって爆発する」との“釈明”について「それだったらなんで(元秘書を)解雇しなかったかなと。面白がって言っているようにしか見えない」と指摘。「これでもまだ(議員を)続けるつもりなんだ。人間の尊厳を超えてしまった議員さんという印象しかない」と締めくくった。