「EXILE」ATSUSHIの低姿勢 意外な業界から称賛の声が…

2017年09月17日 16時30分

ATSUSHI

 EXILEのATSUSHI(37)が、意外な業界で大好評だという。

 先日、神奈川・パシフィコ横浜で開催された「第一生命創立115周年記念式典」にサプライズ出演したATSUSHI。同イベントは、第一生命と、所属事務所・LDHが、次世代を担う子供の育成や子育て支援、スポーツ振興などの分野で協力し合う包括連携協定の締結を記念したもの。その中でATSUSHIは、日本では約1年ぶりとなる歌声を披露した。

 現在、米国留学から一時帰国中だという。「日本でステージに立って歌うのは1年ぶりとなりますが、いい緊張感の中で歌わせていただきたいと思います」とあいさつ。そしてソロ曲「道しるべ」とグループ曲「愛すべき未来へ」を圧巻の声で歌い上げ、日本を代表するアーティストとして健在ぶりを見せつけた。

 そんなカリスマに称賛を惜しまない業界団体がある。

「それはタクシー業界です。都内の高級ホテルを仕事場にする運転手は多くの芸能人を乗せるのですが、いろんな評判が広まります。その中で、ATSUSHIさんの評判がすこぶるいい。行き先を告げる時も『○○へお願いします』。降りる時も『ありがとうございました』と礼儀正しいんですよ」(業界関係者)

 当たり前かもしれないが、行き先だけをぶっきらぼうに告げたり、乗車中や降車の際、無言の芸能人は少なくない。それだけに、ATSUSHIの低姿勢ぶりが驚かれているという。

「運転手から話しかけられることを嫌う芸能人も多いですが、ATSUSHIさんは自身の歌手活動を優しい口調で話すこともあるそうです。無口な印象もあるだけに、運転手の中で意外な気さくさも好評です」(前出の関係者)

 歌声も、立ち居振る舞いも、さすがカリスマだ。