「24時間マラソン」伴走で注目度アップ 岩本乃蒼アナを“ポスト水卜アナ”に指名

2017年09月16日 16時30分

岩本乃蒼アナウンサー

 日本テレビ内で株を上げているのが岩本乃蒼アナウンサー(25=いわもと・のあ)だ。きっかけは先月放送された「24時間テレビ」で、チャリティーマラソンにブルゾンちえみ(27)の伴走者として一気に視聴者の注目を集めたのだ。

「マラソンがスタートしてから局内の電話が一斉に鳴りだしたんです。ブルゾンに関する問い合わせかと思ったら、その大半が『あの一緒に走っているかわいい子は誰?』というもの。意外ですが視聴者の大半は岩本アナのことを知らなかったんです」(日テレ関係者)

 しかも、問い合わせばかりではなく激励電話が多かったという。ネットなどにも岩本アナを応援する書き込みが激増していった。

「『え、あの一緒に走ってる人、岩本アナ!? 泣けてくる』『ブルゾンもすごいけど、並走してるアナウンサーもすごい!』『心配そうにブルゾンの後ろについて走ってる岩本アナに拍手を送ろう』といったものです。ブルゾンよりも岩本アナが主役なのではと錯覚に陥るくらいの勢いだったんです」(同関係者)

 この“岩本人気”に日テレ上層部も黙っていない。岩本アナをポスト・水卜麻美アナとして育成する緊急プロジェクトが立ち上げられたという。

「日テレは長きにわたり、人気&実力がある女子アナ不足に悩んでいたんです。水卜アナがその座についてはいますが、絶えないのが独立説です。今の日テレにとって水卜アナが辞めてしまったら後釜がいないんですよ。そんな時に岩本アナの想定外の人気ぶりが判明した。地獄に仏とはまさにこのこと…。岩本アナを重用するよう編成から制作に対し指令が発せられたんです。年末年始、さらには来年1月から日テレでは岩本アナの露出が一気に増えていきますよ」(事情通)

 日テレは水卜アナXデーに備え、ひそかに準備を始めたのだ。岩本アナはその期待に応えることができるのか。