篠原涼子 AAA東京ドーム公演にサプライズ出演!前田敦子らと12周年を祝福

2017年09月14日 22時00分

前田敦子、篠原涼子らがAAA結成12周年を祝福した

 男女6人組グループ「AAA」がグループ結成12周年の14日、東京ドームでライブを行い、10月18日発売の新曲「LIFE」を初披露した。同曲は10月スタートの月9ドラマ「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」(フジテレビ系)の主題歌に決まっているということで、同ドラマの主演を務める篠原涼子(44)らがサプライズでゲスト出演した。

 現在、合計32万人を動員するドームツアー中のAAAは、2005年9月14日にデビューしてから12回目の誕生日を、東京ドームで5万人の大観客に祝福されて迎えた。アンコールの前には観客席から「ハッピーバースデー」の歌声が響き渡った。

 さらに「LIFE」を初めてパフォーマンスした後には、「民衆の敵」に出演する篠原や前田敦子(26)、千葉雄大(28)、トレンディエンジェル・斎藤司(38)も花束を持って祝福に駆けつけた。篠原は「AAAの皆さん、デビュー12周年おめでとうございます! お祝いに来てしまいました。この曲(LIFE)は1回聞いたら耳になじんで覚えられる曲です。ドラマを盛り上げていただけるんじゃないかと思います」。

 さらに斎藤の口から、AAAの宇野実彩子(31)も「民衆の敵」に出演していることをサプライズ発表された。宇野は「すいません私、月9デビューさせていただきました〜」と笑顔を浮かべた。

「なかなかないな、篠原涼子さんから花束をもらえるなんて。今も汗をかいている」と漏らした浦田直也(34)は「13年、14年、15年とこれからも走り続けられるように、みんなで力を合わせて頑張っていきます」とファンに誓った。