若手No.1かまいたち「たむけんさんにはなりたくない」

2013年01月21日 16時00分

 吉本興業に所属する若手芸人のための劇場「5upよしもと」(大阪市中央区)が大幅リニューアルし、東京都内にある「よしもと∞ホール」との間で若手芸人の対決が実現する。5upは「煌(きらめき)」、∞ホールは「彩(いろどり)」と称したトップ芸人を決め、7月には東西の頂上決戦がスタート。5up組からは藤崎マーケット、天竺鼠ら新進気鋭の若手が盛り上げる。中でも、実績十分のコンビ・かまいたちは優勝候補の筆頭。変幻自在のボケ・山内健司(31)とそれを絶妙の間で受けるツッコミの濱家隆一(29)の今後の野望とは――。

 

 

 ――5upの新制度がスタート。今月、行われているチャンピオンシップの上位3組になると昇格し、降格争いに関係なく、煌にいることができる制度になったが

 

 濱家:大変なことになったなと。

 

 山内:まずはトップの3組に入るとこからスタートですね。最低トップにはならないといけないです。

 

 濱家:引っ張っていく立場なんで、絶対に入らないといけないです。

 

 ――昨年はABCお笑いグランプリ、NHK上方漫才コンテストで優勝して勢いづいている

 

 山内:(MBS漫才)アワードは取れなかったんですけど…。

 

 濱家:前半はいい感じだったんですけどね。賞レースに関しては後半のブレーキ具合が…。