鈴木砂羽 映画プレミアでちゃっかり自著PR

2013年01月13日 20時20分

 女優の鈴木砂羽(40)、俳優の石垣佑磨(30)らが13日、都内で行われた映画「しあわせカモン」(26日公開)のプレミア試写会に出席した。

 

 同作は岩手県出身のシンガーソングライター松本哲也(36)の自叙伝を映画化したもの。2009年に岩手県内で先行上映されたが、経済的な事情で一度お蔵入りに。その後、11年の「お蔵出し映画祭」でグランプリを獲得し、全国公開が決まった。

 

 こうしたいきさつも今では笑い話か。鈴木が「撮影が終わった後、気がついたら全然噂を聞かないなと思っていた」と言えば、石垣も「いつの間にか岩手限定みたいになっていた」と苦笑いしながら振り返る。

 

 それでも鈴木は「こうして多くの皆さんに見ていただける日が来たんだなと万感の思いです」と頭を下げ、石垣も「撮影前に父親が死んだり、プライベートの問題で活動自粛したりもしたけど、この映画との出会いで新たにスタートを切ることができました」と熱い思いを吐露した。

 

 また、映画撮影後に現在の夫と知り合ったという鈴木は「夫は佑磨君と同級生なんですが、佑磨君とは一切そういう感じにはならなかった」と話し会場を盛り上げた。

 

 その一方で「撮影に入る前はいろいろとつらいことが重なっていた」とポツリ。報道陣から「失恋?」と問われると「それもあると思いますけど…。そのへんは私のエッセーを読んでいただけたら。赤裸々に書いてますから」とちゃっかり自著の宣伝に結びつけて皆を笑わせた。