ダルビッシュ 不振でも監督の信頼度変わらず

2017年09月11日 11時32分

ロッキーズ戦の4回、マウンドを降りるダルビッシュ(左、ロイター=USA TODAY Sports)

 ドジャースのダルビッシュ有投手(31)の次回登板日が10日(日本時間11日)時点で決まらない。通常であれば13日(同14日)のジャイアンツ戦となるが、ロバーツ監督はロッキーズ戦前にした会見で「まだ決定はしていない」と明かした。

 ダルビッシュはドジャースに移籍後6試合に先発し、2勝3敗、防御率5・34。現在3連敗中でその間5回、3回0/3、4回1/3でKOされている。ロバーツ監督は「彼はプレーオフで何試合か我々に勝利をもたらしてくれることを私は知っている。だが今なぜ不振なのか原因を探っている。我々はお互いのことを学びあっている最中。次回の投球を見て何なのか見極めたい」と話した。

 これについてロサンゼルス・タイムズ紙(電子版)は「ドジャースは不振を続けるダルビッシュをいまだに信用」との見出しで会見の内容を速報。「ダルビッシュに対するロバーツの信頼度は変わっていない」としながらも、プレーオフへ向けて不安を隠さなかった。

 ナ・リーグ西地区で首位を独走していたドジャースはここに来て1勝14敗と急失速。ダルビッシュの復調が待たれる。