武井咲射止めたTAKAHIROに「アッパレ」称賛の声

2017年09月09日 16時30分

武井咲(左)とTAKAHIRO

 9月1日の大安に結婚した「EXILE」ボーカル・TAKAHIRO(32)と人気女優・武井咲(23)には、“忍び愛”を陰ながら見守ってきた周囲の関係者もビックリだった。

「以前、飲みの席でTAKAHIRO君と偶然会ってあいさつしたら、武井さんを紹介されたことがあるんですが、ずっと続いてたんですね。スゴイ」とは元仕事仲間。またEXILEグループと公私共に親しくしている業界人も驚きを隠せない。「武井咲と付き合ってたのは知ってたけど、TAKAHIROは浮名を流してきたイケメンだし、そんな簡単に結婚するとは思ってもいなかった」

 聞けば「元カノの板野友美とは長くて、離れたり、またくっついたりを繰り返してたけど、どっちかというとTAKAHIROに対して板野がお熱だった」という。隠密デート現場をたびたび週刊誌に撮られ、お揃いのアクセサリーをつけているのが分かったり、2014年9月には、板野がブログにアップした画像にTAKAHIROの腕が写り込んでいると話題に…。そして2人は翌15年1月、公式サイトや出席イベントで交際を否定した。

 武井との出会いは、14年1月クールに放送された、TAKAHIROのドラマデビュー作「戦力外捜査官」(日本テレビ系)。急接近したのは翌15年3月に放送されたスペシャル版のマカオロケといわれるが、テレビ関係者からはこんな指摘も。

「本編最終回のクライマックスで、武井さんの号泣シーンがあるんだけどね。その撮影直後の舞台裏映像で、今度はTAKAHIROさんが大号泣。そんなカレを見て武井さんも目をウルウル。2人の親密ぶりは、当時から意外と絵(画面)に出ていたのを記憶してます」

 武井宅マンションへ通うTAKAHIROの姿を写真誌がキャッチしたのは15年4月。所属事務所はすぐ交際を否定したが、武井はこの初ロマンス直後の芸能イベントで「今でも変わらず仲良くしています」と宣言し、隠密愛は続いた。

「そのころはTAKAHIROのほうが武井咲にすごくお熱だった。結婚までいったHIRO・上戸彩夫妻と同じ事務所同士のカップルだから、付き合ってる段階から『両事務所の策略じゃないか』とか、内輪でも『HIROさんと同じ(展開)じゃん』と気味悪がられていたけど、2人の交際はドラマ共演がきっかけでホントたまたま」(前出の業界人)

 前出テレビ関係者によれば「テレビ朝日で今やってる主演ドラマ『黒革の手帳』で、武井さんの演技はものすごく評価されてます。テレ朝だけでなく業界的にね。まだ動きだしてるわけじゃないけど、制作サイド周辺からは続編や映画化を…という話も出始めていた」という。来春出産となるとそんなプランは当分お預けで、他にも武井には今後、仕事面でのしわ寄せが相当いくことになる。

 人気者同士のカップルだけに、こうなるのは目に見えていたが、当人たちもそれを覚悟の上でデキ婚にこぎつけたのなら、2人の愛は本物なのだろう。TAKAHIROにしたら女性ファンの反応も心配だが「EXILEとしての活動が今はほとんどなく、三代目JSBなど後輩グループに押され気味の中、TAKAHIROは本業以外で頑張り、ついには上り調子の若手女優まで射止めて健在をアピールした格好。よくやった。アッパレ!」(前出の業界人)なんて声もある。