武豊 リアルな競走馬育成ゲームに感心「やるならディープインパクトのような強い馬」

2017年09月07日 17時35分

競走馬育成ゲームの発表会に出席した武豊(左)と大島麻衣

 人気騎手の武豊(48)が7日、都内で行われたスマホ用競走馬育成ゲーム「ダービーストーリーズ」発表会(Donuts主催)に出席した。

 自身が騎乗するという設定の同ゲーム映像を見た武は「リアルすぎる。本当によく再現されている」と感心。「参考にしようかな。まねして頑張ろう」とおどけた。

 すでに数日間ゲームをプレーしたというラジオNIKKEIの中野雷太アナ(43)は「僕は武豊さんで連戦連勝だった。実際の競馬はそう簡単に勝てるものではないが、まさに武さんのおかげ」と大満足の様子。ゲーム内でも武は無敵のようだ。

 だが、当の武は「ゲームでも僕が負けると責任を感じる? そうですね。でも、慣れてますから」と笑わせると「僕がやるなら(クリストフ)ルメール騎手を使う」とジョークで盛り上げた。

「やるなら強い馬、勝てる馬がいいですね。ディープインパクトのような。血統、調教、ジョッキー。自分が一からやるのは楽しそう。ゲームであっても、自分を使ってもらえるとうれしいな」とコメント。

「ゲームがきっかけで、競馬に興味を持ってくださる方がたくさんいらっしゃると思う。ともに盛り上げていきたい。私自身はもっと頑張る」と抱負を語った。