みやぞん「パエリア最高」とスペインPRしつつ「味は日本と変わらない」

2017年09月04日 22時03分

左からあらぽん、みやぞん、つるの剛士

 お笑いコンビ「ANZEN漫才」(みやぞん=32、あらぽん=31)が4日、都内で行われた「DeNAトラベルの夏祭り2017」に参加した。

 先日、13年間交際した彼女との結婚を発表したあらぽんは、お祝いとして旅行券を贈られて大喜び。「新婚旅行はグアムに行きたい。相方は海外に行けば考え方が変わると言うけど、まだ海外に行ったことがないので、早く海外デビューしたい」と語った。

 また「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)のロケでスペインに行き、闘牛に挑戦したことがブレークのきっかけになったみやぞんは「おすすめの海外はスペイン。どこが良かったかは口では言えない。ぜひ、皆さんの目で見て確かめてほしい。あえて控えたい」と話した。

 その一方で「海がきれいで牛がデカイ。そしてパエリアが最高。味は日本のものとあまり変わらない。日本って海外のものを本当によく再現して出している。サイゼリアってすごい! おいしい」などと海外を褒めているのかけなしているのか、よくわからないコメントで笑わせた。

 みやぞんは番組ロケで頻繁に海外に行くが「僕はマイルをためて、空港のラウンジに入ってみたい。それが夢。でも、デルタ航空はたまるが、ANAがなかなかたまらない」とぼやいた。

 イベントには子だくさんタレントのつるの剛士(42)も出席した。