真矢ミキ 事務所後輩の武井咲を祝福「周りに迷惑をかけていない」

2017年09月04日 09時19分

武井咲

 女優の真矢ミキ(53)が4日、TBS系「ビビット」に出演し、EXILEのボーカル・TAKAHIRO(32)との入籍と妊娠を発表した事務所後輩の女優・武井咲(23)を祝福した。

 MCの真矢はテレビ朝日系ドラマ「黒革の手帖」で武井と共演しており、発表直前に武井から連絡があったという。「電話をいただいたんですが、舞台中だったのでとれなかった。その後はメールでやりとりしました」

 武井について「一緒に撮影していて、見とれるくらい奇麗なことが何回もあって、こういうことが関係していたのかなって、うれしく思う」とコメント。「何よりも女優ですからね。いろいろな経験が力になり、血となり骨になるから、これからの武井さんが楽しみです」と続けた。

 MCの国分太一(43)から「妊娠されているということなんですけど、ドラマでは着物を着ているじゃないですか。気づかなかったですか」と聞かれた真矢は「まったく(気づかなかった)。だから、すごく我慢強いというか、何も周りに迷惑をかけていないし、気遣いができていると思いますね。おめでとうございます」と笑顔で語った。

 番組では、武井が17歳の時にTBSの番組で「23歳で結婚予定。22歳くらいまで頑張って、ポンっと結婚して…。23歳くらいがちょうどいいかな」と将来を語っていたシーンを放映。また、所属事務所・オスカープロモーションの副社長が「25歳まで恋愛禁止というルールはない」と答えたことなどを伝えた。