オリジナル・ラブ田島貴男“大人のミニフェス”で熱唱

2017年09月02日 00時41分

ミニフェス「Slow-Live’17」に出演した「ORIGINAL LOVE」(田島貴男)

 夏の終わりの風物詩として知られる大人のミニフェス「Slow Live’17」が1日、東京・池上本門寺の野外特設ステージでスタート。「ORIGINAL LOVE」(田島貴男)らが出演した。

 昨年、節目となる25周年を迎えた「ORIGINAL LOVE」は、自身の代表曲「朝日のあたる道」など8曲を力強く熱がこもったソウルフルな歌声を披露。観客を巻き込み「いい夏でしたか」と語りかけた。

 また、日本を代表するギタリストのCharも登場。1曲目に「ALL AROUND ME」でライブをスタートさせると、アンコールの「SMOKY」まで計10曲を披露。各所にCharのギターテクを駆使したパフォーマンスをし、ソウルフルなボーカルで観客を魅了した。

 ライブの中盤では「ORIGINAL LOVE」がステージに登場し、Charの代表曲「気絶するほど悩ましい」をセッション。さらに「ORIGINAL LOVE」の代表曲「接吻」を披露して会場をさらにヒートアップさせた。Charは「来年はこの曲を練習して歌おうかなと」とも話した。

 この「Slow Live’17in池上本門寺」は3日まで様々なアーティストが熱いパフォーマンスを行う。