高橋真麻の“結婚はバラ色”幻想を高橋英樹が喝!「ちょっと甘い」

2017年08月31日 18時42分

親子でイベントに登場した高橋英樹(左)と真麻

 俳優の高橋英樹(73)とフリーアナウンサーの高橋真麻(35)親子が31日、都内で開催された「ティファール2017年秋の新商品発表会」に登場した。

「最初に料理を習ったのは父から」(真麻)、「娘と並んで料理は子供の時以来」(英樹)などと語りながら、鍋と圧力鍋の機能がひとつになった新商品「クリプソ ミニット デュオ」を使って調理デモンストレーションを行い、仲のいいところを見せつけた。

 だが、イベント終了後、一般男性と交際中の真麻の結婚について問われた英樹は「無理でしょうね。夢みたいなことを言っている。結婚はすべてバラ色! これ以上幸せなことはない!みたいな…。まだ、ちょっと甘い」と、バッサリ切り捨てた。

 しかし「(結婚に)反対ではない。もっと大人にならないと難しい。(自分のことより)相手のことを思いやる気持ちが上回った時が結婚するチャンス」と娘を思う親心をのぞかせた。

 それに対して真麻は「忍耐力の欠如を自覚しています。自分自身も結婚熱が収まってあせっていないので、(結婚は)そういうタイミングが来たら…」と話した。

 相手の男性の印象を聞かれた英樹は「ごくごく普通」と言葉少な。それでも「もう覚悟は決めてる」と語り、「(桃太郎侍みたいに)相手を切ることはない」と笑いを誘った。