サイサイフェスにピコ太郎ら豪華メンバー出演!SILENT SIRENは新曲披露

2017年08月31日 18時04分

シークレットゲストはピコ太郎(撮影・高田真希子)

 4人組ガールズバンド「SILENT SIREN」が主催する夏恒例のイベント『サイサイフェス2017』が30日、東京・新木場Studio Coastで開催された。今年で4回目となる本フェスにはバンドやアイドルが全18組出演。シークレットゲストとしてピコ太郎が登場した。

2014年に始まった『サイサイフェス』はSILENT SIRENと交流のあるグループ、メンバーが出演を依頼したグループなどが集まったSILENT SIREN発信の夏恒例のイベント。今年は、新木場Studio Coastの「メーン」「ラウンジ」「テント」と3つのステージを使用。平日午後3時開演にもかかわらず、ピンクの「サイサイフェス」Tシャツを着た多くの観客がイベントを楽しんだ。

 シークレットゲストのピコ太郎が全身ゴールドの衣装で登場すると歓声は一段と大きくなった。世界的にブレークした「PPAP」などをパフォーマンスし、会場の笑いを誘いながらピコ太郎ワールドを展開した。

 トリを飾ったSILENT SIRENは「爽快ロック」「八月の夜」を披露。気合の入ったボーカル&ギター・すぅ、ドラム・ひなんちゅ、ベース・あいにゃん、キーボード・ゆかるんがアップチューンの「吉田さん」を歌唱し会場の一体感を高め、続いてはファンキーなディスコチューン「フジヤマディスコ」だ。ゆかるんが鍵盤を弾きながらジュリ扇を振り回すと観客もいたるところで踊って扇子を振ってと、会場は大盛り上がりとなった。

 MCで、すぅは「私たちは、あまりバンドマンの友達が少ないのがコンプレックスだったんです。でも、ちょっとずつ自分たちの気持ちを伝えて、それがアーティストさんに伝わって、こうやって対バンしようよって言ってくれたり、お願いしますって言って快く引き受けてくれるのがめちゃめちゃうれしいです。これからも私たちは、バンドマン、ガールズバンドとしてもっともっと頑張っていきます!」とコメント。それから10月11日にリリースするニューシングル「ジャストミート」を初披露した。「夏のツアー中に高校野球を見ながら作った」(すぅ)というこの曲は、恋する女の子の気持ちを野球にからめた歌詞が特徴。初披露にもかかわらず、観客もタオルを振ってノリノリで盛り上がった。

 その後の「What show is it?」では、会場全体が“ワッショイ!ワッショイ!”の大お祭り騒ぎ。曲中には、SILENT SIRENのマスコット、サイサイくんもステージに登場し、熱気が高まる中、「ぐるぐるワンダーランド」が披露されるとフロア一帯がタオル回しの嵐となるなど、観客のボルテージが最高潮となって、SILENT SIRENのライブはフィニッシュした。

 観客の“サイサイ”コールに応えて、アンコールでメンバーがステージに戻る。すぅが「アンコールは、今日の出演者と一緒に盛り上がっていくぞ!」と声にすると、出演者がステージにずらりと並ぶ。バンもんの甘夏ゆずがギターで加わり「チェリボム」が演奏された。もはや、ステージ上もフロアも境目なし。全員がひとつになって、サビの“チェリチェリボム”を大合唱。アツさみなぎる最高の空間が出来上がって、ライブは大団円で締めくくられた。

 すぅが最後に「4回目の『サイサイフェス』となりました。いつも応援してくれているみなさんありがとうございます。サイサイは5周年を迎えます。ツアーファイナルが武道館で、11月13日、14日の2デイズでやります。よかったら来てください! これからもワンマンライブ、『サイサイフェス』が続きますように! また会いましょう!」と語ると、メンバーは横一列で手をつないで深々とお辞儀。こうして今年の「サイサイフェス」の幕は閉じた。