替え玉受験騒動・ゆりやん健在 英語風食リポで笑い取った

2017年08月30日 16時30分

特技・趣味がダンスと英語という共通点を持つゆりやん(左)とすみれ

 女優でモデルのすみれ(27)とお笑い芸人のゆりやんレトリィバァ(26)が29日、都内で開催された「無添くら寿司」新商品発表会に出席した。

 すみれは小麦色に焼けた肌にタイトな白いワンピース姿で登場。新商品「回転すし初の糖質制限メニュー」にちなんで、MCと美についてのトークを始めると、おそろいの衣装を着たゆりやんが「すみレトリィバァ」として登場。ゆりやんは「どっちがどっちか、わからないんじゃないですか?」と笑わせた。

 同じ1990年生まれで、特技・趣味がダンスと英語という共通点を持つ2人による新商品のPR対決が行われ、火花を散らした。ダンス対決で2人は「白鳥の湖」に乗せて華麗な舞いを披露。すみれが優雅に舞う一方で、ゆりやんは「白鳥がくるくる回転ずしになって踊っているイメージ」で、すしを握るしぐさが入った不思議なダンスで対抗した。

 食リポ対決では、すしのシャリの代わりに大根の酢漬けを使用した「シャリ野菜」をすみれが流暢な英語で説明。続いてゆりやんが「7種の魚介らーめん麺抜き」を試食し、オスカー女優に扮して英語風のスピーチを行うネタでリポートを行った。すみれは「何が起きたのか、ちょっとわからなかったけど、頑張ってましたね」と苦笑した。

 ゆりやんは今年2月、第47回NHK上方漫才コンテストで、女性ピン芸人ながら初優勝した。持ち前のシュールすぎる英語ネタや一発芸を報道陣の前で披露。約3週間前には週刊誌で「替え玉受験騒動」が報じられたが、この日も役目をしっかりこなした。

「本人は舞台裏で報道に落ち込んでいますが、舞台に立つと、そんなそぶりは見せない。もともと強靱なハートの持ち主だから、友近も成し得なかった女性ピン芸人初の上方漫才優勝ができたのでしょう」(お笑い関係者)

 すみれに敗れたゆりやんは「お気づきでないかもしれませんが、私デブなんですよ。言葉に詰まるんですけど…気にしてないです」と笑わせた。