橋本氏“陥落”で今井絵理子議員の「辞職Xデー」

2017年08月31日 11時00分

今井氏は議員活動を続けるのか

 橋本健神戸市議(37=自民)との不倫疑惑が報じられた元SPEEDメンバーの今井絵理子参院議員(33=同)にも、辞職の可能性が出てきた。橋本氏は29日に議員辞職。今井氏は25日に公務復帰したとされているが、議員活動を続けるならば“恋人”の不祥事へのコメントや不倫疑惑の潔白を主張するにも、あるいは不倫疑惑を謝罪するにしても、会見を開くべきだろうが、報道陣に対しては“無言”を続けている。もう議員としてやる気はないのか…。

 29日は今井氏の所属派閥「志公会」が、横浜で勉強会を開催。志公会は先月3日に麻生派を中心に山東派などが合流して発足した新派閥で、この日が発足後初の大事な勉強会だったが、今井氏は欠席した。関係者は「今日は欠席者が多かった」と言うだけで、欠席の理由は明かされなかった。

 今井氏は先月27日に橋本氏との“手つなぎ居眠り写真”が週刊誌に掲載されて不倫疑惑が発覚。直後に橋本氏と別々に報道陣の取材に対して否定した。その後、橋本氏が市政報告のための政策チラシを印刷業者に架空発注して、720万円余りを不正に受け取ったという疑惑が新たに発覚し、29日に辞職願を提出。今井氏の反応が注目されていたが、コメントの発表もない。

 その今井氏をめぐっては、永田町かいわいでこんな話が出回っているという。

「橋本氏に次いで、今井氏も辞職するのでは?と言われている。不倫報道で今井氏は複数の自民党幹部から大目玉を食らったが、そのときの今井氏の態度が“逆ギレ”状態で、完全にふてくされていたらしい。面談した重要幹部があきれ果て、近しい関係者に今井氏を見限ったかのような発言をしている。本人も政治家としてのやる気を完全に失っている」(永田町事情通)

 今井氏は昨年7月の参議院選挙に比例代表候補として自民党から出馬。「票集めのためのスカウト」などと冷ややかな声が上がっていたが、実際にアイドル時代の抜群の知名度を生かして32万票近くを獲得して、自民党に大貢献。

 しかし、当選当初からメディアの政策アンケートに白紙回答していたことが明るみに出たり、専門的な質問に答えられないなど、政治家としての資質が問われ続けてきた。

 そこへきて不倫報道が出て、イメージ悪化は顕著。“票集めのため”であったならば、その役目は終わったと言っても過言ではないだろう。

「森友・加計問題で支持率が悪化した自民党としては、一刻も早くウミは出し切りたい意向。その象徴として、今井氏がクビを言い渡される可能性はある。早ければ10月の補選前に何らかの動きが起こるかもしれない」(同)

 一方、橋本氏の辞職願が29日、郵送で神戸市議会事務局に届き、各会派による代表者会議を経て、北川道夫議長(64)が辞職を許可した。

 会議後、北川議長は会見を開き「内容は『このたび、一身上の都合により、神戸市会議員を辞職したいので、許可されるよう願います』というものです。他にコメントは記載されておりません」と明かした。

 北川氏は、辞職願が郵送で提出されたことについて「本来なら直接、私に手渡すべき」と不快感を示し、橋本氏の疑惑への説明責任についても「辞職には値するが、同時に説明責任を果たすべき。辞職すればそれで済む問題ではない」と切り捨てた。

 だが、北川氏や市会事務局は現在、橋本氏と連絡が取れていない。同市議団の安達和彦団長(63)のみが連絡を取れる状態で、その安達氏は「橋本氏の体調は悪いとは言えないだろうが、憔悴はしている。どこにいるかは分からないが、入院しているなどということはない」と話した。

 今井氏は橋本氏との不倫疑惑で大きな代償を払うことになるかもしれない。