ミス・ユニバース日本代表・阿部桃子が告白 父・祐二リポーターへの不満

2017年08月30日 11時00分

阿部祐二氏の娘である阿部桃子。左は池澤智氏

 2017年のミス・ユニバース日本代表、阿部桃子(22)が、ボディーメーク本「ミス・ユニバース・ジャパンが実践 食べる2週間FITNESS」(徳間書店)の発売記念イベントを28日、都内で行った。

 同書は、ミス・ユニバース・ジャパンのオフィシャルトレーナーを務める池澤智氏が、2週間の最先端オリジナルレシピとトレーニングメソッドを凝縮。健康で美しい体の作り方を提案している。今回、阿部がそのイメージモデルとなった。

「2週間の食事管理とトレーニングでここまで変化できるんだと気付かされました。一つひとつの筋肉を自分でコントロールできるようになりましたね。例えばダッシュしているときに『腹筋入れて』と言われて入れられるようになったり。筋肉量も増えました」と阿部は手応えを語った。

 周知の通り阿部の父は、日本テレビ系情報番組「スッキリ!」のリポーター・阿部祐二氏(59)。そこで「このトレーニングで、お父さんから何か言われた?」と聞くと「『お尻が変わったね』と言われました。外国人はお尻にしっかり筋肉がついていて腰の位置も高い。私もそれを目標にしていたので、うれしかったです」と表情をほころばせた。

 とはいえ父に対して不満もあるとか。番組などで共演した際、「父が前面に出るのがイヤですね~」と言う。「私が紹介されるのに、父が前にいるので『あれ!?』となる。目立ちたがり屋なんだと思います」

 テレビ関係者は「阿部リポーターは職業柄、現場にどんどん突撃していく。目立ちたがり屋というより職業病なのでは? 殺人事件の現場だろうが、台風だろうが、前へ、前へ行きますからね。共演している感覚はなく、娘をリポートしているんですよ(笑い)」

 娘が有名になればなるほど、父の“リポーター魂”が過熱していくのは間違いない!?