チラシ架空発注疑惑の橋本市議が速達で辞表願を提出

2017年08月29日 12時51分

辞職願を提出した橋本氏

 元SPEED・今井絵理子参院議員(33)の“略奪不倫”の相手として報じられた神戸市の橋本健市議(37)の辞職願が29日、郵送で神戸市会事務局に届いた。

 橋本氏は印刷業者に市政報告のチラシを架空発注し、約720万円の政務活動費を申請した疑惑が報じられ、28日に辞意を表明していた。

 同事務局の山本剛司事務局長によると、届けは議長宛てで1枚。午前10時過ぎに速達郵便で届いた。自筆の署名と押印があり、本人のものと確認したが、内容は明らかにされていない。この後、午後から市会の代表者会議が開かれ内容を協議、議長によって許可される見通しだという。

 また、事務局関係者によると橋本氏が28日に返還を表明していた印刷費については、現時点で返還の確認はされていないという。

 橋本氏が勤務する歯科には、約10人の報道陣が詰めかけたが、午前中の診療は休診となっている。