ブルゾンちえみ 24時間マラソン完走も「体重60kgのまま」と嘆きツイート

2017年08月29日 12時34分

チャリティーマラソンに挑戦したお笑いタレント・ブルゾンちえみ

 日本テレビ系「24時間テレビ40 愛は地球を救う」(26~27日)でチャリティーマラソンに挑戦したお笑いタレント・ブルゾンちえみ(27)が29日、ツイッターを更新。マラソン後の体重に変化がなかったことを嘆いた。

 今年のマラソンランナーは26日の番組内で発表されるサプライズが用意された。走者に選ばれたブルゾンは、放送開始から約2時間後にスタート。沿道の声援を受けながら走り続け、残り100メートル付近で番組定番ソングの「サライ」が流れる中、坂本トレーナーが合流し、ブルゾンの目に涙があふれた。最後は日本武道館のゴールを間違えるハプニングはあったが、無事90キロを走り切って感動のゴールを迎えた。

 放送翌日には応援してくれた人々へ感謝のツイートを投稿したが、この日は「マラソン終わって体重測りました。60kgのままでした。変わってないんかーい!って思わず口から出ました」とつぶやいた。90キロを走破したにもかかわらず体重の変化がなかったことを嘆いた。

 ブルゾンの激走が感動を呼んだが、それにもまして注目を集めたのが、“落ちないメーク”。汗をかいているはずなのに、眉毛と目元のメークはキープしたままだったことがワイドショーなどで取り上げられた。これについては、体重の話題に引っ掛けて「メイクも体重も落ちない、、、逆におそろしいんですけどー!」とつぶやいた。