大沢あかね 辞意表明の橋本市議にあきれ顔「人の目を見てウソをつく人」

2017年08月28日 15時15分

タレントの大沢あかね

 タレントの大沢あかね(32)が28日、フジテレビ系「バイキング」に出演。政策チラシの架空発注疑惑を報じられ、この日、議員辞職の意思を固めたことを発表した神戸市の橋本健市議(37)について言及した。

 番組では、今井絵理子参院議員(33)と“不倫疑惑”の渦中にある橋本氏の新たな疑惑について特集。先週、週刊新潮が市政報告のチラシを印刷業者に架空発注し、約720万円の政務活動費(政活費)を申請した疑いがあると報道。橋本氏は「その会社にはデザインを依頼し、印刷は別の業者にさせていた。2社とも知り合いのところに頼んだのが、思慮が浅かった」とし、代金については「10~14年度に計8回、印刷業者に1回当たり5万~8万部を約20万~約180万円でチラシ作製を発注したが、半分以上余ったケースがあり、廃棄した」と説明した。その後、印刷業者と口裏合わせをしたメールなどが公開され、窮地に立たされていた。

 坂上忍(50)は「ウソって、いつかばれると思うんですけどね」と発言、意見を求められた大沢は「ちゃんとした証拠も出さないまま、よく会見したなって思います」と語り、「リポーターさんの目を見て『否定させていただきます』って言っていたので、辞職を聞いて、真実はどうか分からないけど、この人は人の目を見てウソをつく人なんだなと。なんかまたショックだった」とあきれ顔だった。