レゲエシンガー・卍LINE「俺はどこでも飛んでいける」

2017年08月27日 22時03分

レゲエシンガー「卍LINE」

 レゲエシンガーの卍LINE(38)が27日、大阪府泉南市で行われた音楽とグルメ、花火大会が同時に楽しめる複合型イベント「第1回 泉州夏祭り」の音楽フェスティバル「MUSIC CIRCUS’17」に登場した。

 卍LINEは、訪れた6000人の観客を前に30分にわたり熱唱。ステージ上から「俺はどこでも飛んでいける。この5倍じゃきかないところからも飛んだけど、俺は今、こうやってここに立ってる」と、2004年に自宅マンション9階から転落した話を引き合いに出して会場を盛り上げた。

 また、女性ピン芸人・ゆりやんレトリィバァ(26)も「DJ JULIAN」としてステージに登場。豊満な肉体を揺らし、大汗をかきながらDJを披露した。

 途中、会場近くの海から花火が打ち上げられると、英語で話し始めたゆりやん。だが、次第にゴニョゴニョと言いだし、言語が不明瞭になったと思った瞬間、「すごいタイミングで花火が上がったでー」と日本語で絶叫。何をしゃべっているのかと聞き耳を立てていた観客を笑いの渦に包んだ。