海老蔵「麻央さんとの夫婦愛」東京五輪新プロジェクト動画「始動先送り」の裏

2017年08月25日 16時30分

市川海老蔵(左)と妻・小林麻央さん

 2020年東京五輪・パラリンピック委員会は24日、大会への参画意欲を醸成する特別プロジェクト「ONE TEAM PROJECT」をスタートさせたことを明らかにした。第1弾メッセージに歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)が登場。大会公式サイトで「東京2020 三年前口上」の動画がお披露目された。関係者の話で、プロジェクトはより早期に始動する予定だったが、海老蔵の妻・小林麻央さんが6月に亡くなったことを受けて先送りされていたという舞台裏の動きが浮かび上がった――。

 プロジェクトの専用HPによると「日本を代表する様々なクリエーター&イノベーター(文化人、芸術家、学者、etc)がTOKYO 2020へ向けたそれぞれの想いを表現する特別プロジェクト」とある。要するに、各分野のエキスパートが、話題を呼びそうなコンテンツを発信することにより、2020年大会をアピールしていこうというものだ。

「開催を3年後に控えているわりには国民はピンと来ていませんからね。むしろ無関心かも(笑い)。それで組織委員会は五輪音頭を作ったり、今回のプロジェクトを発足させたりと必死なわけです」(五輪関係者)

 プロジェクトに登場する文化人らも豪華だ。海老蔵を皮切りに、第2弾には狂言師の野村萬斎(51)と空手女子の清水希容(23=ミキハウス)による対談、第3弾以降にはロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKI(年齢非公表)、ノーベル賞医学者・山中伸弥氏(54)、芥川賞を受賞したお笑い芸人・又吉直樹(37)と続く。五輪でなければとてもキャスティングできない陣容だが、もともと組織委員会には別の狙いがあったという。

 組織委員会幹部は次のように明かす。

「半年ほど前の理事会で秋元康さんが『組織委員会はイメージが悪い。何をやっているか、国民に伝わっていない』と提言したのが発端でした。新国立競技場やエンブレムの問題などゴタゴタ続きでしたからね。そこで森喜朗会長が秋元理事と、同じく理事で写真家の蜷川実花氏に『検討してほしい』と、プロジェクトを依頼したのです。そこで2人は、日本文化を体現する海老蔵さんに白羽の矢を立てました」

 海老蔵自身も大会組織委員会の文化・教育委員会のメンバーを務めており、好都合だったのだが…。まさかの事態が起きてプロジェクトは一時、頓挫しかかったという。

「まさかの事態とはもちろん、麻央さんが6月に他界したこと。当初は4月くらいにプロジェクトを始動させる予定だったが、麻央さんの病状が悪化して延期する格好になった。残念なことに6月にお亡くなりになり、海老蔵さんから『プロジェクトの始動は四十九日が終わるまで待ってほしい』と組織委員会に連絡があったんです。7月に開かれた文化・教育委員会の冒頭、森会長が麻央さんへの黙とうをメンバーに促したことがあったが、それにはこんな背景があったんですよ」(同)

 今月10日に麻央さんの四十九日を迎え、プロジェクト始動へと再び動きだす運びとなったというわけだ。

 海老蔵は第1弾の動画の中で「いずれも様、ご機嫌よろしゅうござりまする~。市川海老蔵にござりまする~(以下略)」と歌舞伎の口上スタイルで大会をPR。それを踏まえ「三年後はいよいよ東京オリンピック・パラリンピック。アスリートの方や東京在住の方だけではなく、日本中の全ての方々が“ONE TEAM”として日本を世界に発信する、そういう2020年を迎えたいという想いからこのプロジェクトに参加させていただきました」(原文ママ)とコメントを寄せた。

 くしくも、今回のPR動画が撮影されたのは麻央さんが旅立った6月22日だったことを海老蔵は8月23日付のブログで明かしている。妻を亡くすという悲しい出来事を乗り越え、海老蔵が東京2020盛り上げの大役を務める。