斎藤工 レスリー・キー氏との“深い仲”を告白

2017年08月25日 13時43分

写真家のレスリー・キー(右)と旧交を温める斎藤工

 俳優の斎藤工(36)が25日、東京・渋谷区で行われたシンガポール政府観光局主催の「シンガポール新ブランド発表会」に同国出身の写真家レスリー・キー氏(46)とともに出席した。

 斎藤は日本人初のシンガポール観光大使に就任。「僕でいいのかな。庶民派の観光大使になれたら」と謙虚に語った。バックパッカーとして世界を旅した経験があるだけに「とにかく食べ物が感動的においしい。バクテイという料理に驚いた」と同国の魅力もアピール。観光大使としては「温かい両国の人を結びつける役割ができたらなと思う」と意気込んだ。

 イベントではレスリー氏が斎藤を撮影し制作したPR観光動画も公開された。

 斎藤は「レスリーとは二十年来の友人。人生の半分を彼と過ごしてきたことになる。広い視野を持つ彼は、僕に刺激を与えてくれる」と紹介。これにレスリー氏は「僕が1年目のころ、ある撮影現場で斎藤を知った。とてもきらきらした子だから、撮った方がいいよと聞いて」と出会いを明かした。さらに「共同で制作したアートブックが来春ごろ発予定」と続けた。

 2人が出会ったのは斎藤が18歳の時。そのアートブックは36歳までの斎藤の“進化していく姿”が収められたものとなる。