流通ウオッチャー・渡辺広明氏が美女を引き連れゴキゲン コンビニ秘話披露

2017年08月24日 17時22分

美女に囲まれた渡辺広明氏(中)

“コンビニ博士”が美女を引き連れて猛アピール!「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)などで活躍する流通ウオッチャーの渡辺広明氏(50)が24日、初の著書「コンビニの傘はなぜ大きくなったのか」(グーテンブック、25日発売)をPRするため、東京・江東区の東京スポーツ新聞社を訪れた。

 同書は渡辺氏の本紙連載の記事をまとめたもので、読めばすぐに使えるコンビニ活用術が詰まっている。

 渡辺氏は美女を引き連れて来社した理由について、「コンビニのレジもそうですが、かわいい女の子がいると売り上げは伸びるもの。そこで所属事務所の女優、モデルに頼み込んで協力してもらったんですよ」としたり顔で説明した。

 女優の大滝樹(29)はページをめくると、「100円のコーヒーは毎日飲んでますけど、コンビニで一番の売れ筋だとは知らなかった」と関心を示し、藤白レイミ(24)は「私はコンビニの焼き鳥が好きなので、温めるベストな秒数が知りたいです!」と新たな取材テーマを提案。酉年の今年、コンビニで焼き鳥ブームが起こるという予想は的中させた渡辺氏だったが、これには「今度調べてあげるからね…」と冷や汗を流した。

 この日は、国内5万店超と身近な存在であるコンビニだからこそのおもしろエピソードも飛び出した。

 モデルの湯川愛莉(22)は「料理をするときにサラダ油がなかったので、急きょコンビニに買いに行ったんです。外国人の店員さんだったんですけど、家に帰って袋を見たら、長いストローが一緒に入っていて『飲み物じゃないよ』って!」と明かし、昭和が大好きな女優・塙さより(21)は「私は昭和っぽいデザインが好きだから、コンビニにもUCCのミルクコーヒー(=昭和44年からロングセラーの缶コーヒー)を置いてほしいですね」と話して笑いを誘った。

 美女に囲まれた渡辺氏は「東スポさんの連載がなければこの本は生まれなかった。読んだ人が得するネタが詰まってますので、1冊と言わずぜひ“爆買い”を!」と最後までゴキゲンだった。