賀来千香子が期待するおい賢人&榮倉奈々の初子「モデル体形のDNA」

2017年08月23日 16時30分

おいの赤ちゃん話で笑顔の賀来千香子

 女優の賀来千香子(55)が22日、都内で行われた「MTG×富士フイルム新商品発表会」にゲストとして出席した。賀来といえば、おいの俳優・賀来賢人(28)と妻の女優・榮倉奈々(29)との間に、6月に第1子が誕生した。

「かわいいです。兄や母を経由して毎日何枚か写真が届いたりして、それを見て笑っています」といい、榮倉が退院した日には「家に来てくれて、抱っこしたりしました」と賀来はデレデレ。

 まだ赤ちゃんの性別など細かい情報は公開されておらず「こんなにしゃべっちゃっていいのかしら。怒られちゃう」と冗談を飛ばした。それでも「最初は奈々ちゃん寄りだと思っていたけど、最近は賢人にも見えたり、どちらにも似ている気がする」と明かしていた。

 また、赤ちゃんの脚の長さに驚いたそうで「2人とも脚が長いけど、赤ちゃんも規格外の長さだったみたい」と話し、早くも0歳の赤ちゃんモデルの誕生をほのめかした。

 芸能プロ関係者は「2世タレントは、親が所属している芸能事務所に入るのが一般的な流れですが、赤ちゃんモデルや子供のモデル時代は専門の事務所に入ることもあります。両親やおばがこれほど著名人なら即OKでしょう。CMでも話題になりそう」とみる。おばの賀来は身長165センチでファッション誌「JJ」の元モデル。同様に賢人も178センチ、榮倉も170センチでファッション誌「SEVENTEEN」の元モデル。

「賀来もかつては手足の長い、抜群のスタイルと美貌で知られましたが、その賀来が『脚が長い』というのだから、相当なもの。赤ちゃんは男女どちらでも、すでにモデル体形のDNAが証明されたということ。赤ちゃんモデルとしても、将来の芸能界デビューをめぐっても、争奪戦が起きるかもしれませんね」と前出関係者はみている。