“サッカー愛”に注目集まる小柳ルミ子 パチューカ本田のデビュー戦初ゴールを祝福

2017年08月23日 14時38分

ゴールを喜ぶ本田圭佑(ロイター)

 歌手の小柳ルミ子(65)が23日、ブログを更新しメキシコリーグデビュー戦で初ゴールを挙げたパチューカの日本代表FW本田圭佑(31)を祝福した。

 本田は22日(日本時間23日)、ホームでのベラクルス戦の後半13分から途中出場し、メキシコデビュー。同27分には左足で初ゴールを記録した。

 これに素早く反応したのが年間視聴試合が2000試合以上という“サッカー愛”に注目を集める小柳。「おめでとう!!!!!!」のタイトルでブログを投稿し「本田圭佑、おめでとう 3―0と、パチューカに余裕があったとは言え 本田圭佑デビュー戦でゴールおめでとう」(原文ママ)と祝福した。

 続けて「このまま31日の代表戦でも左足炸裂魅せてくれーー」とロシアW杯アジア最終予選オーストラリア戦(31日、埼玉)での活躍を祈った。

 イタリアの名門ACミランを退団した本田は、7月にパチューカへ電撃移籍。負傷の影響で開幕から5試合連続でベンチ外だったが、3―0とリードした後半13分、ついにピッチに初登場。センターサークル付近でボールを受けると、ドリブルで抜け出し、ペナルティーエリアの外から左足を一閃。低い弾道の鋭いシュートが、キーパーの指先を抜けてゴールに突き刺さった。試合は4―1でパチューカが勝利した。