じゅんいちダビッドソン 本田が似てきた?「周りに言われる」

2017年08月22日 14時37分

イベントに出席したじゅんいちダビッドソン

 ものまねタレント・じゅんいちダビッドソン(42)が22日、東京・歌舞伎町のロボットレストランで行われた映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」のブルーレイ&DVD発売イベントに出席した。

 おなじみの白のスーツで登場し「メキシコから助っ人に来ました。本物です!」とアピール。右ふくらはぎの肉離れから回復し、いよいよパチューカでのデビューが迫ってきた本家・本田圭佑(31)をネタに「ここに来たのでおそらく試合には出られない。今、代わりにじゅんいちさんに行ってもらっているので。僕の方が面白いので、こういうイベントはたいがい僕が出ている。調子が悪い時はじゅんいちさん」と笑わせた。

 続けて「僕は整形したわけでもなく偶然、本田選手に似てきた。そして最近は本田選手が年を重ね、逆に少しずつ僕に似てきたと周りに言われる。どっちが脳にインプットしているのか分からない。だんだんリンクし始めている。横に並んだら大して似ていないが、世間的に見たら似てきているらしい」と“本家が寄せてきた説”を主張した。

 そんなじゅんいちのもっかの目標は「イタリア語では『本田の偽者です』と言えた。いつメキシコに行っても大丈夫なように、早急にスペイン語でインプットしたい」。

 また、インテルに残留した長友佑都(30)に関しては「残ってくれてよかった。おそらく、長友選手のものまね芸人が一番助かっていると思う」とコメント。勝てばロシアW杯出場が決まるアジア最終予選の大一番、オーストラリア戦(31日、埼玉)については「試合に出て調子を上げて、ぜひオーストラリア戦に勝ちたい」と本家になり代わって決意表明した。

「ゴースト・イン・ザ・シェル」は士郎正宗氏の漫画「攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL」(講談社)を原作にハリウッドで実写映画化されたもの。ビートたけし(70)、桃井かおり(66)も出演しており、ブルーレイ&DVDは23日発売される。