東西バーガー対決「マクド」が「マック」に勝利

2017年08月22日 11時30分

マクド勝利を伝えるマクドナルドのツイッター画面

 東西バーガーの人気争いは“西軍”の勝利。日本マクドナルドが行っていた「大阪ビーフカツバーガー」と「東京ローストビーフバーガー」の「おいしさ対決」は、応援メニューを含めた商品名のツイート数とリツイート数を集計(4~20日分)した結果、51%対49%で大阪側が勝ったことが21日に同社から発表された。

 一般に「マック」の愛称で知られるマクドナルドだが、関西では「マクド」とも呼ばれる。同社は「マクドナルドの“愛称”をかけて」マック軍とマクド軍の人気争いを仕掛け、大阪ビーフカツバーガーを大将とするマクド軍に凱歌が上がった。

 同社によると、マクドを愛称とする地域は関西圏中心の11府県のみ。いわば少数派のマクドがマックに勝ったことを受けて、特別企画として期間限定でホームページの一部を「マクド」仕様に変更する。