カウス・ボタン50周年「まだまだ終わりませんから」

2017年08月21日 21時54分

記念番組の収録に参加した中田カウス・ボタン

 結成50周年を迎える漫才コンビ・中田カウス(68)・ボタン(69)が21日、大阪市内で関西テレビのスペシャル番組「中田カウス・ボタンの漫才一筋半世紀」(関西ローカル)の収録を行った。

 上方漫才界を長年にわたってけん引してきた、カウス・ボタンの50周年記念番組。結成秘話、アイドル漫才師と呼ばれた若手時代、現在の目標などを2人が語り尽くした。

 収録後に行われた会見で、カウスは「(50周年で)区切りをつけたくないし、いつもの延長なのかなと思います。まだまだ終わりませんから、これからも前へ向かいます」。ボタンは「きんさんぎんさん」が目標だといい「健康だけを保っていって、漫才ひと筋で何ステージも踏んでいきます」と意気込んだ。

 2人は若手漫才師が対象の「上方漫才協会大賞」を設立するなど、若手の育成にも力を入れている。カウスは「将来を背負う若手がどんどん育ってきてて、安心してます。みんな僕らのころよりぶつかりながら、模索してやってる。(市川)海老蔵さんにも一度、なんばグランド花月に来ていただいて『師匠、いいですね~、将来があります』と言ってくれた。漫才は競い合わないと育たない」と手応えを口にした。

 同番組は27日午後4時から放送される。