松岡修造氏 錦織圭の“結婚問題”に「いいかどうかは心の声に聞いて」

2017年08月21日 20時41分

松岡修造

 熱血スポーツキャスターの松岡修造氏(49)が21日、都内で日めくりカレンダー「まいにち、テニス!」(PHP=24日発売)の発刊記念イベントを開催。“愛弟子”の錦織圭(27=日清食品)の“結婚問題”に言及した。

 ジュニア時代に松岡氏がその才能を見いだし、世界に送り出した錦織は先日、右手首の負傷で今季の残り試合を欠場すると発表したばかり。最高4位にまで上がった世界ランキングは、最新のもので10位にまで転落した。2桁順位は3年ぶりだ。

 松岡氏は「僕もけがをした時には、皆さんに申し訳ないと感じた。錦織君には『感じてごらん、みんなの想い』という言葉を贈りたい。君は一人じゃない」と呼びかけた。

 続けて「錦織君はグランドスラムを優勝できる状況にいた。ちょっとのけがでも復帰するのには時間がかかるのに、手首は体の一番先にあって繊細な部分。けがは相当ショックだろうし、間違いなく長期になる。復帰するのは相当厳しい。今の診断だと来年の全豪オープンあたりだが、あとはさらに詳しく診断して手術するかしないかによって変わる」と指摘した。

 一方で「ちゃんと治して戻ってくれば、グランドスラムで優勝する可能性がある。以前、ヒジのけがをして休んだのは武器だと思う。僕は2回目に大きなけがをした時、翌日から治ると信じてトレーニングをした。経験を生かし、復帰できる前提から入っていけば、前向きに捉えられる」とアドバイスした。すでに錦織には「けがは絶対治るもの」とメールしている。

 ところで、錦織といえば交際中のモデル・観月あこ(25)が、黒い交際や新興宗教とのかかわりを指摘され“さげマン”などとやゆされている。

 松岡氏は「瀬戸大也さん(23=競泳男子)や、松山英樹さん(25=男子ゴルフ)など、負けても勝っても受け入れてくれる人がいるというのは、特に世界で戦う人にとっては大きな存在になると思う」とコメント。

 さらに「現役中に結婚していれば(最高順位の)46位より上にいっていた」と自身の経験を引き合いに出しながら「(錦織には)ジュニアのころから言っている。自分で決断するものだ。(相手が)いいかどうかは心の声に聞いて、この人だなと思えばそれでいい。僕がコントロールすることではない。結婚しない選手もいる」と言及した。

関連タグ: