ビヨンセ セクシーボディー復活の裏に豊尻手術で美巨尻ゲット

2017年08月19日 16時30分

美尻とくびれを取り戻した歌姫(インスタグラムから=@beyonce)

 7月13日に双子を出産した歌姫ビヨンセ(35)が産後わずか1か月足らずでシェイプアップしたボディーを取り戻し、自身のインスタグラムに写真を投稿。注目を集めたが、実は妊娠前の美尻に戻すために“豊尻手術”を受けていたという。米芸能サイト「レーダーオンライン」が報じた。

 関係者によると、ビヨンセは鏡に映る自身の体を見て、出産前に比べてお尻がかなり垂れ下がっていることに気づき、美容整形クリニックでお尻をリフトアップする施術を受けたという。

 具体的な施術内容は不明だが、垂れてきたお尻を引き上げたり、女性らしいボディーラインにするには、メスを使わずヒアルロン酸を注射する方法とメスを入れてインプラントを移植するなどの方法がある。ビヨンセはメスを使わない前者の施術を受けたと見られる。その結果、以前のようなくびれたボディーラインと美尻を手に入れ、自身のインスタグラムに投稿。セクシーボディー復活をアピールした。

「彼女はリニューアルしたボディーと美尻をとても喜んでいます。そしてもっとくびれのある体形にしてタイトなジーンズをはきたいと思っています。そのために今後、本格的な豊尻手術を受けて美巨尻にすることを計画しているようです」(関係者)

 ラッパーの夫ジェイ・Z(47)もビヨンセのニューボディーを気に入っており、妻の美巨尻計画を後押ししているという。迫力ボディーにリニューアルしたビヨンセの復帰パフォーマンスが注目される。